お金の管理

新生活応援ガイドTOP > 上手なお金の管理術

これから新生活を始める方の上手なお金の管理術

やりくり

「貯金が趣味」
「通帳を眺めてはニヤニヤ・・・」

こんな方はまあいいとして、食事はほとんど外食で、趣味はショッピング。

「あればあるだけ使っちゃう」
「お財布にたくさん入っているとどうも気が大きくなる」
「なぜか貯められない性格で・・・」

お金を貯めようと思っていない方は別にそれでもかまいませんが、少ない収入を何とかやりくりして、貯金を増やしたいという方はぜひこの先を読んで参考にしてくださいね。

お金の出入りを把握すること

やりくり

新居に移り落ち着いたころに頃に、郵便ポストに入ってくる請求書類。

電気、水道、ガス、電話etc...

月末近くの給料日前、「気がついたらほとんど残っていないじゃない!」

コレってお金の出入りをしっかり管理できてないからです。

お金を貯めたいと思ったら、しっかりと収入と支出の管理をすることが基本です

毎月の水道光熱費、食費、衣料品の費用、その他日用品等の消耗品費、交際費など、理想は家計簿をつけて日々のお金の出入りを記録しておくことですが、忙しい毎日の生活を送りながらではまず続きません。

細かく家計簿をつけないとしても、おおよそいくらぐらいかかるのか、しっかり把握しておく必要があります。

レシートと請求書類を整理しておくだけでOK

やりくり

携帯やスマホの通信料金等では紙の請求書はほとんど発行されなくなり、ネットで確認する必要がありますが、電気や水道、ガス料金はまだ紙の請求書が多いと思いますので、こうした請求書類や、日々の買い物で受け取るレシートはしっかりもらって保管しておきましょう。

毎日家計簿つけなくても、こうしたレシートや請求書類を保存しておけば、後で整理して、どこにどれだけお金がかかっているか把握できます。

レシーやト請求書類を確認しながら、毎月電気代がいくら、水道料がいくら、外食でいくら使ったかというのをノートにメモしておくだけで、今月の光熱費はどうなのか、交際費はどうなのか把握できますよね?

また支払いにクレジットカードを使うとクレジットカードの請求書で支出を一覧で確認できるので便利です。

こうして毎月のお金の出入りの推移を見ることで、交際費をもう少し減らそうとか、節電しようとか考えるキッカケになるのです。

新婚さんなら二人で家計管理

新婚さんであれば、ひとつの家庭を一緒に切り盛りしていくという意識を持って、二人の収入をどう管理するか等じっくり話し合いながら簡単な家計簿をつける事をおすすめします。

別に毎日家計の話をすることもありませんが、将来の夢を語りながら資産形成を考えるなんて夢があっていいものです。

お金の管理は何も難しく考えることはないんですよ。

初めのころはなかなかうまくいかないこともあるかもしれませんが 3ヶ月もすればうまくできるようになるはずです。

サイトMENU

Copyright (C) 2011 新生活応援ガイド. All Rights Reserved.